【デジタルパーマ】柔らかい質感のデジタルパーマをかける。

こんにちは。

ヘアデザイナーの関です。

 

今回はカット、デジタルパーマのお客様です。

※デジパーが、、、な為、用賀スリルさんで施術してます。

 

前回カットしてから1、5ヶ月です。

 

 

 

デジタルパーマって基本的に薬剤は縮毛矯正と同じでかけれるんですが、

そんなパワーは必要ないかなって思います。

 

ごく普通の縮毛矯正の薬剤のチオ(薬剤の成分)のみだと、

やっぱり硬さと手触りが悪いし、

継続的なデジタルパーマは難しいと思います。

 

僕はG-up縮毛矯正と同じ、

G-upの薬剤を使用して、

デジタルパーマをかけていきます。

 

この方法はちょっと前に教えてもらってから、

最近はずっとこの方法です。

 

仕上がりも柔らかいですし、いい感じなんです。

 

かかればいいなんて思ってません。

 

薬剤はpHは7くらいの中性の領域の薬剤です。

※傷まないわけではありません。

 

デジタルパーマでビビリ毛になったって聞きますが、

なんでだろ?って思います。

 

デジタルパーマでビビるって僕は、いまだかつてないです。

 

やっぱ薬剤かなり強いのかな、、、(´-`).。oO

 

 

今回は中間にウルティアトリートメントを使用しています。

 

※一眼レフ忘れた、、。

iPhoneで撮影してます。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください