【縮毛矯正】髪のダメージを考えた応力緩和縮毛矯正。

【縮毛矯正】髪のダメージを考えた応力緩和縮毛矯正。

こんにちはヘアデザイナーの関尚志です。

 

縮毛矯正は髪がつやつやになる。

だけとは思っていませんか?

 

実際の所、髪のダメージは決して少ない訳ではありません。

そして、

縮毛矯正をかけられているお客様は、

定期的にかけられますよね。

多い方で年間4〜5回くらいですかね。

 

ダメージは必ずでてしまいます。

 

そんな髪の事を考えて、

今回は応力緩和を取り入れた縮毛矯正をしていきます。

応力緩和については

こちらの記事を参考にしていただくとわかりやすいかと思います。

 

 

凄くわかりやすいのでリンクさせていただきました。

場末のパーマ屋の美容師日記

 

応力緩和縮毛矯正は以前から興味があったので、

実は勉強していたのです。

 

今回はカット、カラー縮毛矯正のフルコースです。

 

髪の状態

 

 

 

髪の毛が細くダメージを受けやすく、

毛先も現状は負担がある状態です。

 

でも癖は強い。

 

その為、ある程度の薬剤のパワーが必要になってきます。

パワーが大きくなってしまうと、

それなりのリスクも生じてしまいます。

特に以前かけた縮毛矯正の境界線部分ですね。

元々縮毛矯正がかかっている部分に強い薬剤がついてしまうのは

怖いんですよね、、、。

 

他にも防ぐ方法はいっぱいあるかと思いますが、

リスクは少ない方がいいと思っています😂

 

 

シャンプーした後の状態。

 

工程

①シャンプー、ドライ→ストレートアイロンで癖を伸ばす。

②薬剤塗布

③通常の縮毛矯正の工程→ドライ、アイロン施術。

 

 

今回はまず一度乾かしてからストレートアイロンで癖を一度伸ばします。

それから薬剤をつけていきます。

 

縮毛矯正は時間がかかる施術ですが、

アイロンを2回するとなると時間と手間はかかってしまいますが、

リンクを見ると何故アイロンするかはお分かりですよね。

 

綺麗に癖を伸ばすための、工程です。

そして、薬剤レベルを下げて施術をしています。

 

普段設定していた、レベルよりも下げて施術できるので、

髪が痛まないとは言えませんが、

危険性を回避できる上、

癖も伸ばしやすくなるので今回はこの方法を取り入れています。

 

ちなみに、前回より薬剤レベルは2段階下げて施術しています。

 

仕上がり。

 

 

中の状態。

 

 

 

 

 

ご来店いただきありがとうございました😊

 

またお待ちしております。

 

SEKI HISASHI

関がお仕事しているのは用賀の完全予約美容室。

ご予約はLINEかメールでのご予約をお勧めしております。

LINE@

友だち追加

 sekihisashi0418@gmail.com

 050-5307-2737

※出れない場合は折り返しいたします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください