Blogブログ

最新メニューや、当店イチオシの施術情報をお伝えします。

  • HOME
  • ブログ
  • 加齢や髪の負担を考慮してかける縮毛矯正と、考慮しない縮毛矯正の違い。

加齢や髪の負担を考慮してかける縮毛矯正と、考慮しない縮毛矯正の違い。

SEKI
こんにちは。用賀の美容室S-エス-のセキヒサシです。サロン情報はこちらから👇

前回の記事をご覧いただきましたでしょうか?

 

縮毛矯正とカラーの同日施術

 

縮毛矯正はお久しぶりになります。

 

 

髪の重さを残しているため、

 

そこまで広がりは軽減できていますが、

 

この長さまで癖が伸びてしまうとなかなかまとまりは出ないものです。

 

今回は縮毛矯正とカラーの同日施術になります。

 

5時間コースになります。

 

癖は部分的に強さが違うのはごく普通のことなのですが、

 

特に強い部分は後頭部です。

 

全体的にほわーっとする癖です。

 

カラーは白髪染めですが、頻度は多くはありませんので、

 

カラーによる負担はそこまでではありませんが、

 

年々髪質は変わっていくもので、

 

髪が弱く脆くなっていく傾向にあります。

 

長くご来店いただいているお客様だと、

 

髪質の変化はとくにわかります。

 

縮毛矯正は特に気をつけなければいけないのが、

 

薬剤設定。

 

Sで行なっている縮毛矯正は全部ではありませんが、

 

中性領域が多いです。

 

白髪染めなど繰り返している髪は結構な負担があります。

 

ホームカラーなどは特に。

 

そこにある程度の薬剤を使ってしまったら、、、、

 

一瞬で反応してしまい、

 

髪にすごくダメージを与えてしまう可能性があるんです。

 

ちょっと目を離したすきに、、、取り返しつかいないことになりますので、

 

Sでは、25〜30分と長い時間をおきます。

 

結構おくんです。

 

でもそれでも大丈夫な設定なのです。

 

なぜ、そんな時間おくの?

 

それは、

 

じっくり薬剤を反応させて、縮毛矯正をかけた方が、

 

次回数ヶ月後の状態が変わってくるのです。

 

これは薬剤の違いもかなり関わってきます。

 

数ヶ月後でもいい状態をキープしやすいです。

 

継続的にかけるものなので、余計大事にしています。

 

施術でただ癖を伸ばせばい!!

 

なんて言えない時代じゃないかなと思います。

 

高齢化だし白髪染めをされている方も増えてきてます。

 

そうすると、事故が増える可能性あります。

 

髪って施術によって左右して来るんです。

 

長い期間を見据えても数年後、髪の状態変わってきます。

 

いい状態を維持するのが難しくなってくると思います。

施術内容

根元は癖を伸ばす設定。

今回は根元はカラーしていない部分があるので、

 

弱アルカリ。

 

毛先は調整する設定。

 

 

塗り分けていきます。

 

25分放置します。

 

からのアイロン、

 

中間の処理剤は最近のお気に入りがあるのでそちらを。

 

カラーはレッド系ブラウンです。

仕上がり。

 

 

毛先部分は少しカットしてトリミングして完成です。

SEKI
いつもご来店ありがとうございました。またお待ちしております。

 

初回はこちらがお得になっています。

salon info

田園都市線 用賀駅 南口徒歩1の美容室。

S-エス-

用賀4−5−7ルビーノロトンダ2F(ドットハーフ内)

hair designer 関 尚志

ご予約、お問い合わせ・ご相談は

公式LINE@,  MAIL,  TELより承っております。

クリックすると移動します。⇩

LINE@で予約する Mailで予約する 電話で予約する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事