縮毛矯正をかけるならホームカラーはやめた方がいいです。用賀 美容室 S

SEKI
こんにちは。用賀の美容室S-エス-のセキヒサシです。サロン情報はこちらから👇
[clink url=”https://sekihisashi.com/2668-2/”]

icon-toggle-right 前回の記事をご覧いただきましたでしょうか?

今回はご新規のお客様の縮毛矯正になります。

1時間くらいかけてご来店いただきました。

Before

大変なことになっておりました。

 

お子様もまだ小さくお仕事もしておりますので、

美容室にいく時間がとれない。。。

 

その為ホームカラー。

 

30代をすぎると白髪染め率がグッと高くなります。

最近では20代でも普通にいるとききます。

 

白髪も染めて縮毛矯正をする。

 

これはかなり髪の負担が大きくなってしまいます。

 

かといってしないわけにもいかない。

白髪は老けて見られるし、

癖は広がって普段の髪のスタイリングがうまくいかない。。。

 

だいたいこのお悩みになります。

 

髪の状態は個々でかなり変わりますが、

ホームカラーをしている方は圧倒的に、

髪は傷んでいます。

 

これは比になりません。

髪の強い人は大丈夫とかではなく、

カラーの頻度も多くカラーのあとの処理もしないで、

髪の負担は増えるばかり。

髪の状態によっては縮毛矯正をかけることも困難になります。

 

今回のお客様は

自分でよく染める顔周りと毛先は完全にビビり毛になっていました。

カットしてもいいということなので、

切ればかなり状態は変わってきます。

 

あとは自分で染めている部分とバックの部分では、

髪の状態が違いすぎますので、

薬剤の設定も大幅に変えて、

設定していきます。

 

一番困るのが、

境界線なんです。

自分で染めるのでとても曖昧にっているケースがほとんどです。

ここはさぐりさぐりです。

 

怖いですよ、、本当に。

 

ホームカラーやめてくださいと必ず伝えます。

いつか事故ります。

 

シャンプー後はこんな感じです。

After

ここは切ってしまいます。

それでもまだ残ってはいますが、

だいぶなくなりました。

今回もpremiumで施術しています。

次回はもう少し薬剤のパワーをあげるか、

放置時間をもう少し長くいくかですかね。

 

初回は難しいですよ、、本当。

 

髪の量も多く4時間半かかりました。

 

Before After
SEKI
ご来店ありがとうございました。またお待ちしていますね😀
salon info

田園都市線 用賀駅 南口徒歩2の美容室。

S-エス-

hair designer 関 尚志

ご予約、お問い合わせ・ご相談は

公式LINE@,  MAIL,  TELより承っております。

クリックすると移動します。⇩

LINE@で予約する Mailで予約する 電話で予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。