【縮毛矯正】癖の異なる状態に合わせて部分的に薬剤を設定をする。

【縮毛矯正】癖の異なる状態に合わせて部分的に薬剤を設定をする。

こんにちは。

ヘアデザイナーの関尚志です。

今年もあとわずかですね。

ブログをリニューアルいたしました😊

 

homeもみていただくと嬉しいです。

 

今回の縮毛矯正。

 

髪の状態。

・ドライ時。 ・ウェット時。

 

 

前回かけてから約半年です。

 

サイドよりもバックの癖が強いケースです。

※サイドは写真撮っていませんが、、、、、。

 

髪は太く、量も多く、

髪の体力はしっかりある状態です。

毛先にはデジタルパーマがかかっていますが、

縮毛矯正は根元のみなので、

毛先は薬剤がつかないようにガード剤をつけて保護します。

 

 

薬剤設定は、

 

バックの部分は、10段階中、8に設定。

サイドの部分は、10段階中、6に設定。

毛先はシールドで保護。

 

髪の状態に合わせて部分的に薬剤を変えていきます。

特に顔周りは髪が細いですからね。

 

 

縮毛矯正について

 

縮毛矯正の場合の1液は、僕はある程度時間をおきます。

時間をおいてもヘーキな設定にしております。

というのは、

薬剤塗布のとき、薬剤が強かった場合、

最初に塗った部分との時間の差がでてしまうので、

反応がムラになってしまいます。

 

薬剤は凄い弱いというわけではありませんが、

1液を塗るときはよりスピーディにしていかなくてはなりませんので、

 

僕は、

 

黙ります、、。

 

これは矯正をしている美容師さんはそうだと思います。

 

かなり重要な施術なのです。

 

全ては綺麗な髪のために。

 

 

って、

 

いいこと言った(´-`).。oO

 

仕上がり。

 

ドライのみです。

 

 

 

 

 

 

 

半年ぶりの縮毛矯正綺麗になりましたね😊

 

ありがとうございました。

 

 

SEKI HISASHI

関がお仕事しているのは用賀の完全予約美容室。

ご予約はLINEかメールでのご予約をお勧めしております。

LINE@

友だち追加

 sekihisashi0418@gmail.com

 050-5307-2737

※出れない場合は折り返しいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。