【縮毛矯正】髪が細くて傷みやすい髪質の縮毛矯正は難しい。〜マニュアル通りにはいきません〜

この記事を書いている人 S〜エス〜 -hair designer-

           
SEKI HISASHI       

世田谷区用賀の美容室。縮毛矯正、髪質改善を中心に、完全マンツーマンでお客様を担当させていただいています。⇒詳しいプロフィールはこちら

YouTubeでスライドを作りました。↓

 

 

 

用賀のマンツーマン美容室

S〜エス〜

の関です。

   ←クリック Instagramで定期的に更新しています。

現在フォロワー1800人。

2000人目指します。

 

【縮毛矯正】髪が細くて傷みやすい髪質の縮毛矯正は難しい。〜マニュアル通りにはいきません〜

 

今日は多摩川の花火大会のはずが、、、

 

中止。。

 

ひょうが降ってました(´-`).。oO

残念でした。。

 

 

では、

本日は、

縮毛矯正とカットカラーのお客様です。

 

約3ヶ月ぶりの縮毛矯正です。

定期的に4週に一度カラーリングをされているお客様です。

 

事前状態

 

 

 

 

髪質

 

軟毛で引っかかりやすい状態です。

そして髪が細いです。

ダメージしやすく、

薬剤もすぐ浸透していまいます。

 

こういった髪質の方はG-upで縮毛矯正をかけています。

中性に近い薬剤で、

アルカリ度のかなり低めなので、

髪に対しての負担は軽減できるかと思います。

その代わり放置時間はしっかり20分以上おくのと、

ダブルアイロンでしっかり熱を当てていきます。

 

この薬剤をつかえばいいというのもではありません。

 

あと、決して傷まない訳ではありませんが、

こういった髪質の方にはすごくマッチすると思います。

 

なんで難しいかというと、

 

単純に傷みやすい。

一般的な薬剤のチオとか何も考えず使ったら、

塗ったその場から、

還元がものすごい勢いで進みます。

※設定による。

 

全部塗って塗り始めて部分は、

もう流しの時間になるパターンです。

 

これはダメなやつです(´-`).。oO

 

最後に塗った部分は反応していないですからね。

かといって、

その後しっかり時間を置いたら、

最初に塗った部分は最悪なことになります。

 

全てマニュアル通りにはいかないんです。

髪質は人それぞれ。

 

ちゃんと設定をあわせなくちゃいけません。

 

G-upは薬剤のしっかり時間をおけるので浸透のムラを防ぎます。

 

 

カラーはリタッチです。

 

仕上がり

 

毛先部分は以前かけた部分なので、

かけていません😊

 

 

突然の豪雨とひょうで帰りがどうなるかと思いましたが、

お帰りの時には収まっててホッとしました。

 

矯正もカラーも綺麗にいきましたね✂︎

毎月のご来店ありがとうございます😊

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。