S-エス-で取り組んでいる他店とは決定的に違うこだわりの縮毛矯正とは?

こんにちは。

用賀のS-エス-のオーナーのセキヒサシです。

縮毛矯正をメインとしてサロンを営業しております。

さて、“縮毛矯正”ってどういったイメージですか?

ほとんどがこう思われていると思います。

 

一般的なイメージ
・髪を真っ直ぐにするもの

・髪が傷む 

その通りだと思います。

ただやり方によっては👆のようなことは解消できると思います。

 

まずまっすぐすぎるというのは、

アイロン方法が大事になってきます。

縮毛矯正は必ずストレートアイロンを使用しますので、

その時のアイロンのやり方で変わるのと、

継続的に縮毛矯正をかけている方に関しては、毛先の調整をしてあげた方がいいです。

まっすぐにした部分をカットしたらシャキーンとなるので、その部分を縮毛矯正をかけたときに曲げてあげる。

アイロンを普段使いの方であれば巻くのもアリだと思います。

 

次にダメージですが、

適材適所の薬剤を使い分けるのが大事です。

一般的なサロンでは

弱、中、強の3種類を使いわけしているところがほとんどです。

だけど、実際これでは賄えないんです。

専門店のSでは、組み合わせによっては10種類を超えてしまいます。

薬剤の使い分けは本当に大事です。

 

 

“Sの縮毛矯正”とは?

Sの縮毛矯正はお客様の髪質をしっかり判断するため、

シャンプーを一度柔らかく乾かして癖の状態を確認して、

薬剤を設定します。

ここで大事なのは一種類しか薬剤は使わないわけではありません。

髪質をしっかり判断することによって、

髪の強度、癖、全て部分的に異なります。

薬剤を塗り分けて縮毛矯正をかけるということになります。

基本、少なくても組み合わせた薬剤を3種類は使うことが多いです。

髪がダメージをしていたりしたら余計にシビアに変えます。

塗り分けるは結構めんどくさいのですが、

余計なダメージも抑えられるので、必ず必須です。

機械的にただ塗ってアイロンしてだけでは、

いい結果は生ませません。

お客様の大事な髪なので扱い方はシビアに考えています。

 

また薬剤だけではなく、

一緒に併用する処理剤(いわゆるトリートメント)も厳選したものを使用しております。

必要に応じて使用しております。

処理剤に関しては補う役割なので、髪が健康的な場合はあまり使用しない時もあります。

質感をよくするものは必ず使っています。

縮毛矯正をかけたあと質感がいいのはこのおかげです。

下手なサロントリートメントするよりよっぽど効果あります。

 

髪を綺麗に維持する為に。

サロンで綺麗にやってもらったから終わりではありません。

髪の傷みの原因は美容室の施術にも原因はありますが、

ほとんどご自宅の髪の扱い方です。

ドライヤーの乾かし方、

アイロンの使い方、

使っているヘアケア。

ホームカラーはしていないか?

ご自宅で多いダメージは熱です。

ドライヤーなんか特にわかりにくいかもしれませんが、

結構ダメージでます。

熱のダメージはもうどうしようもないので本当にご注意ください。

癖のようなチリチリが出てきたらもう髪は焼けてます。

根本はストレート、毛先チリチリはほぼこれです。

本来の癖であれば、根本から癖なので、

不自然すぎます。外的な傷みを受けているはずです。

あと、

扱いやすくするためにはホームケアは必須です。

何もしなくて髪が綺麗になるわけがありません。

今傷んでいる部分はこれ以上傷まないようにして、カットでなくすしかありません。

ただ扱いやすさは変えることができます。

シャンプーはラウレス系ではなくアミノ酸、ベタイン系をすすめします。

ダメージ毛に洗浄力が強すぎると引っかかってたいへんです。

マイルドに優しい洗い上がりだと軋みもでにくいです。

乾かす前のオイルとミストは必須です。

オイルは表面でミストは内部的な補修をしてくれます。

化粧水と乳液的な役割です。

 

髪は元々死滅細胞なので何もしなくてよくなることはありません。

綺麗に維持するのであれば必須です。

オンラインショップで購入できます。

縮毛矯正と髪質改善は別物

少し前から髪質改善という名はよく聞くようになってますが、

縮毛矯正とは別物です。

縮毛矯正は癖を伸ばしてくれるもの。

髪質改善は髪の栄養素を取り組み扱いをよくしてトリートメント要素のもの。癖は伸びません。

 

Sでは両方を組み合わせて施術していますので、縮毛矯正しながら髪を綺麗にできます。

それがpremium縮毛矯正です。

Sで言うと縮毛矯正と髪質改善はセットみたいなものです。

髪質改善の単品メニューではそのままです。

 

Sの縮毛矯正をかけるとどうなるのか??

縮毛矯正は髪のダメージによって仕上がりは左右してしまいますが、

かなり変わります。

【縮毛矯正】before after 一覧

2020年4月19日

一例

 

施術の工程

ご新規のお客様の場合はまずカウンセリングをしっかりして悩みお聞きします。

30分くらいは時間取るようにしています。

美容室を毎回変える方はより慎重になります。

履歴が読めなかったりするので。

あと、ご自分で通われている美容室の名前を知らない方もいますが、

せめて名前は覚えておきましょう。

サロンによって、やり方も薬剤も違いますし、ある程度の参考になりますので。

1、髪の診断。ここ大事。

2、シャンプー〜ドライで癖、髪の状態を確認。

ご来店時見えなかった癖、ダメージが判ります。

Before

ここで薬剤設定考えています。

薬剤は複合的に掛け合わせていくことが多く、

単品の仕様はあまり少ないです。

複合的に薬剤が配合させた方が、薬剤の浸透がよく、癖も伸びやすくなります。

昔ながらの薬剤でアイロンでやたら頑張るやり方はもう古いです。

無理なく癖を綺麗に伸ばすことができます。

継続的に縮毛矯正をかけている方は毛先の薬剤はトリートメントをメインとして設定していきます。

一度かけた部分は根本と同じ薬剤使うなんて危険行為はしません。

3、アイロン

髪の状態に応じて使いわけています。

4、2液

最近はシャンプー台で2液をつけることは多いです。

2液は絶対必要でアイロンしたあと固定してくれるものです。

勿体ぶらずに躊躇なくたっぷりつけます。

ここで甘いとずべてパーです。

1液とアイロンがダメならそもそもダメなのですが、、、。

ちなみに酸化という工程になります。

 

5カット(場合により最初にする)

After

 

髪の毛はケラチンタンパクが主成分で出来てるので、卵に似ています。
熱を入れれば入れるほど硬くなってしまいます。

そして元には戻りません。

普段からアイロンをしている方はこうなりやすいですが、

縮毛矯正はアイロンを使用しますので、こうならないようにアイロンの当て方には工夫しております。
必要最低限の熱しか与えず無駄に何回もアイロンを入れることはありません。

昔はパカパカやれって先輩に教わりましたが、これは無意味です。

当てれば当てるほどいいなんてありません。

とあるアイロンとドライヤーも同じよなことが言えます。

だいぶあのせいで傷んだ髪を見てきました。

使いすぎはよくないです。。。

 

 

他の美容室では体験出来ない髪の仕上がり、工程、説明などを徹底したオリジナリティでお客様に提供させて頂きます。

今までの縮毛矯正上手くいかなかった方、髪を綺麗にしていきたい方、是非一度ご相談ください。

料金

・premium 縮毛矯正 + カット  30800〜

・super  premium  縮毛矯正 + カット  36300

初回の料金あります。

Salon info
《ご予約や相談はLINEからできます》

LINE ID / @cad9550p

@(アットマーク)からの入力お願いします

友だち追加

Hot Pepper beautyで予約する!

 

 

 

【 S-エス- 】

田園都市線 用賀駅 北口徒歩2分

〒158-0097東京都世田谷区用賀4ー11ー20 The Garden Pelsei 301
050-5307-2737

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。