Blogブログ

最新メニューや、当店イチオシの施術情報をお伝えします。

  • HOME
  • ブログ
  • 薬剤の設定は毛髪診断をしっかりしてから。〜極端に癖の強さの違う縮毛矯正〜

薬剤の設定は毛髪診断をしっかりしてから。〜極端に癖の強さの違う縮毛矯正〜

髪の状態に合わせた施術はすごく重要なこと

こんにちは。

用賀の美容師セキヒサシです。

初めましての方のご予約・ご相談はこちらからできます!

  LINE@で連絡する   

SEKI
今回はSpecial縮毛矯正とカラーの記事です。
SEKI
癖は髪の部分でかなり差があって、髪の状態も違います。今回はより薬剤の塗り分けをします。

Before

髪の状態

・バックの癖が強い(縮毛の混合)
・サイド癖は弱い
・顔まわりの髪は細い
・毛先は熱による炭化。。。。

毛先の炭化はおそらくドライヤーによりものです。
普段アイロンで巻かれているのですが、
サイドの炭化が少なく、バックの炭化が著しいです。
アイロンはサイドの髪の方が当てやすいのと、
髪自体もサイドの方が弱い傾向があるので、もしアイロンだったとしたら
サイドももっと負担が出ているはずなんですよね。。

この部分は修正は不可能なので、
日々のお手入れのアドバイスはしっかりお伝えします。
はい、結構しっかり言います。

というのは、せっかく矯正をかけても、
普段のケアができていないと、
それは髪がずっと綺麗にならない可能性があります。
施術のみの負担だけではなく、普段のお手入れもすっごく大事になってきます。
長く担当させていただいても、
髪の状態がよくならない。。。
そうなって欲しくないので、しっかりお伝えします。

施術内容

・special 縮毛矯正
・3種類薬剤の塗り分け
・アイロンもしっかり熱入れする
・カラーはフルカラー。。。

まず塗り分けですが。

①サイドに使用する薬剤(強さ中)
②バックに使用する薬剤(強さ大)
③顔まわりに使用する薬剤(強さ中〜小)
④中間部分に減力に使用する薬剤(強さ小)

 

バックに関しては強い薬剤になるので、
中間に減力剤を噛ませます。
一度縮毛矯正がかかった部分に、強い薬剤は乗せたくはないので、
場合によって使います。

アイロン前には、
ちょっとした処理剤を噛ませています。
最近は使ったり使わなかったり、場合によって変えます。

 

 

 

  • 施術時間
  • Specialのいいところ

カラーも同日で4〜4、5時間

基本どの薬剤でも対応はできますが、仕上がりが硬くなりにくい。
最近はエステルの使用やめています。

仕上がり

Special 縮毛矯正+カラー(フル)+カット
33,000

田園都市線 用賀駅 南口徒歩1の美容室。

S 〜エス〜

hair designer 関 尚志

ご予約、お問い合わせ・ご相談は
公式LINE@,  MAIL,  TELより承っております。

クリックすると移動します。

LINE@で連絡する

メールで連絡する

電話で連絡する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事