縮毛矯正のアイロン時に○○を使わなくなったら、自分的に良い結果が出てしまった。

SEKI
こんにちは。用賀の美容室S-エス-のセキヒサシです。サロン情報はこちらから👇
[clink url=”https://sekihisashi.com/2668-2/”]

icon-toggle-right 前回の記事をご覧いただきましたでしょうか?

 

縮毛矯正とカラーです。

いつもご来店いただいているお客様です。

きっかけはInstagramです。

よかったらみてくださいね。

 

今回はアイロン時いつも使っているツインブラシを使わないで施術いたしました。

これ⬇️

ダサいSEKI入り(滑り止め)です。

なぜか時間と仕上がりもよかったので、

意外な発見でした。

使うのはですw

Before

 

SEKI
癖は強めで硬毛です。前後で癖の出方が極端に違います。

 

髪を伸ばしているのですが、

 

毛先はややダメージを感じます。

 

ちょっとひっかかるような感じです。

 

なので今回はカットで少し取り除いていきます。

 

 

施術内容

今回はSpecial縮毛矯正です。

 

癖の状態が違うのと顔まわりはより髪が細く負担が出やすいので

減力します。

 

Phで言うと8くらいの設定です。

 

え?強いの?弱いの?

 

となるかと思いますが、

縮毛矯正剤はPhが低いからと言って弱い訳ではなく、

Phが低くても取り返しのつかないことになる場合はあります。

 

簡単に言うと

 

Phが低いと酸性矯正。特殊な還元剤が入っています。

Phが高いとアルカリ矯正と言います。

 

アルカリの場合は薬剤が強い場合、髪によってすぐ反応してしまい

危ない時もあります。

 

施術方法も違うので、髪質によって使い分けがすごく大事になってきます。

 

今回はメインはアルカリチオと複合還元で設定します。

設定の幅がかなり広いので基本的にはだいたい髪質は対応できますが、

そこに白髪染めを繰り返している髪や、

年齢と共に傷みやすくなってきた髪はpremiumをおすすめいたします。

 

今回のカラーはアッシュブラウンです。

仕上がり

 

styling

 

 

Before After

 

SEKI
いつもお忙しい中いらしていただいてありがとうございます。来年もお待ちしております

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1983年生まれ。出身 新潟。 《関 尚志 せき ひさし》 縮毛矯正、髪質改善に特化した仕事を中心とした施術でお客様を担当させていただいています。 お客様の髪を綺麗にする! 笑顔になってもらう! 明日から気持ち良く生活して頂けるように、施術、技術、知識を高めています。 ご相談、ご依頼はお気軽に。